本文へスキップ
日本語 English sitemap
学会誌について投稿について出版倫理学会誌目次
  • 学会誌「水産増殖(Aquaculture Science)」について

    活動報告写真

    日本水産増殖学会では年4回,会誌
    「水産増殖 Aquaculture Science」 を発行しています。
    「水産増殖,Aquaculture Science」の英文略称は「Aquacult. Sci.」です。

    「水産増殖」は第1巻より直近の1年前までの報文を
     J-stageにて全文公開しております。ぜひご利用ください。
     バックナンバーへのアクセスは
    こちらをクリック!


    「水産増殖」の投稿規定と原稿の書き方

    本誌には、水産増殖上有益な原著論文、短報、資料、総説、紹介などを掲載します。普通会員および学生会員は原著論文、短報および資料を投稿できます。会員以外の共著者を含むことは差しつかえありませんが、筆頭著者あるいは連絡者は会員に限られます。
         投稿規定はこちらをご覧ください。
         原稿の書き方はこちらをご覧ください

            投稿用紙とその記入例もダウンロードできます。
              (投稿用紙Word版pdf版


    「水産増殖」の出版倫理

    日本水産増殖学会会誌「水産増殖」は倫理基準を堅持する。 高い水準の学術雑誌を読者に提供するために、「水産増殖」は以下の原則に従う。

    編集委員
    1) 「水産増殖」編集委員会は投稿された原稿の受理の決定に責任を持つ。
    2) 編集委員は著作権侵害および剽窃に関する必要な要件を満たさない投稿原稿に対しては評価を行わない。
    3) 編集委員は,二重投稿の疑いがある場合を除き、投稿原稿が出版されるまでは守秘義務を負う。
    4) 編集委員は担当する投稿原稿の著者と利益相反があってはならない。

    査読者
    1) 「水産増殖」査読者は投稿原稿の受理判定のために編集委員会に協力する。
    2) 査読者は査読のために受理した原稿に対する守秘義務があり、査読によって得られた情報を自身の利益のために使用してはならない。
    3) 査読者は投稿論文の著者、企業、組織と利害関係がある場合は査読をすべきではない。

    著者
    1) 著者はその論文の独自性に対する責任があり,データの捏造または改ざんを行ってはならない。
    2) 著者は資格外の人物を著者としてはならない。
    3) 他の研究成果を使用する場合、その出所は適切に引用し,剽窃行為をしてはならない。
    4) 著者は二重投稿をしてはならない。

    出版社
    出版社は,広告,別刷,またはその他の収益が,編集委員会の決定に影響を与えないことを保証する。

    「水産増殖」掲載論文目次

    J-stageに未収録の最近の論文のタイトルを掲載しています。
    2018年 第66巻 1号 2号 3号
    2017年 第65巻 1号 2号 3号 4号

  • 第66巻3号
  • 原著論文
    光周期がクロマグロ仔魚の生残,成長,および摂餌に与える影響
    ………………………………久門一紀・田中庸介・石丸千紗子・阪倉良孝・江場岳史・樋口健太郎・西明文・二階堂英城・塩澤聡・萩原篤志 …… 177
    庄内川において堰堤がアユの遡上に与える影響
    ………………………………………………………………………………間野静雄・淀 太我・吉岡 基 …… 185
    クロマグロ若魚における非侵襲的な胃消化速度の推定
    ……………………滝井健二・甲斐俊史・布川忠頌・加藤歩実・高桑史明・高岡 治・Biswas Amal …… 193
    屋外水槽で飼育したタナゴ Acheilognathus melanogaster の産卵期終了誘導要因
    …………………………………………………………………太田勇太・石原良美・齋藤 寛・秋山信彦 …… 199
    マイクロサテライト DNA マーカーから見た伊勢湾内のアサリの遺伝的集団構造
    …………………………………………佐野菜採・長谷川夏樹・羽生和弘・宮脇大・古丸明・桑原久実 …… 209
    周防灘南部海域におけるマコガレイの産卵場と成熟状況
    ……………………………………………………………………………山本宗一郎・伊藤龍星・佐藤允昭 …… 217
    アユ友釣り漁場管理における早期小型放流の有用性
    ……………………………………………………………………………………………佐藤正人・坪井潤一 …… 227
    ウナギ風味のナマズの化学分析と官能検査による品質評価
    ……………………………………塚正泰之・山下 洋・高島秋則・松浦良平・安藤正史・福田隆志
    山本眞司・那須敏郎・有路昌彦・升間主計 …… 235
    海水型生物ろ過槽のろ材のアンモニア酸化活性とアンモニア酸化微生物に及ぼすアンモニア供給不足の影響
    ……………今井 正・出濱和弥・坂見知子・高志利宣・森田哲男・今井 智・山本義久・岡 雅一 …… 243
    短報
    放流された人工種苗クルマエビと再捕エビの遺伝的多様性レベルの比較
    ……………………………………………………………………………………………山本昌幸・菅谷琢磨 …… 251
  • 第66巻2号
  • 原著論文
    カットスロートトラウト(Oncorhynchus clarki)雌の肝臓におけるエストラジオール-17β応答性遺伝子の生殖周期に伴う発現解析 永田淳・莚平裕次・西宮攻・藤田敏明・平松尚志・原彰彦・東藤孝 …… 91
    駿河湾におけるサクラエビ雌の成熟サイズと産卵頻度
     土井 航・中廣篤人・鷲山裕史・鈴木伸洋 …… 103
    シオミズツボワムシの耐久卵形成に対するセレン強化クロレラの有効性(英文)
     韓程燕・金禧珍・李名友・萩原篤志 …… 111
    キヌイトアオノリの成熟誘導に及ぼす藻体の断片化および培養温度と塩分条件
     島田裕至・正清友香・嶌田 智 …… 117
    本州中部の温帯河川に定着したフクドジョウ Barbatula oreas の繁殖特性(英文)
     畠山類・北野忠 …… 123

    短報
    琵琶湖産アユの耳石径と体長との関係に及ぼす成長速度の影響
     酒井明久 …… 133
    山形県月光川において異なる時期に放流したサケ Oncorhynchus keta の回帰率比較
     飯田真也・伴 真俊・野口大悟・宮内康行・片山知史 …… 137
    富栄養湖のヨシ帯における餌料環境の季節変化に応じたチャネルキャットフィッシュの餌利用シフト
     平山拓弥・遠藤友樹・金子誠也・碓井星二・加納光樹 …… 141

    資料
    低水温期におけるクロマグロ人工種苗の体サイズと生残の関係
     樋口健太郎・吉川壮太・濱崎将臣・馬場和郎・櫻井啓介・乗田孝雄・宮城島省吾・山下 昌・高志利宣・玄 浩一郎・岡 雅一 …… 147

    会告 155
    会報 167
  • 第66巻1
  • 原著論文
    マングローブ・キリフィッシュKryptolebias marmoratus 仔魚の光走性と摂餌行動に対する光波長と放射照度の影響 石田直也・阪倉良孝 …… 1
    船上の産卵実験によるサクラエビの産卵率の推定と産卵個体の卵巣の組織学的特徴
     土井 航・中廣篤人・鷲山裕史・鈴木伸洋 …… 11
    有明海六角川におけるエツ仔稚魚の分布
     伊藤毅史・Charles P. H. Simanjuntak・木下 泉・藤田真二 …… 17
    ホンダワラ属海藻の飼料添加がナイルティラピアの成長に与える効果(英文)
     Fittrie Meyllianawaty Pratiwy・神原 淳・A. B. Susanto …… 25
    飼育密度の増加に伴うヒラメ稚魚の体色暗化(英文)
     井口雅陽・佐藤 浩・余語 滋 …… 33
    福島県内の阿武隈川水系における外来魚チャネルキャットフィッシュの分布,サイズ組成,および成熟状況
     鷹﨑和義・和田敏裕・森下大悟・佐藤利幸・佐久間 徹・鈴木俊二・川田 暁 …… 41
    アオリイカ「アカイカ」(Sepioteuthis sp. 1)の視精度から推定したイカシバ産卵礁の水中視程
     奥村順哉・加藤亜花梨・柳田大地・中村 亨・石川 輝・倉島 彰・宮崎多恵子 …… 53
    飼料脂肪酸組成がブリ筋肉中ドコサヘキサエン酸量に及ぼす効果
     品川純兵・金丸素久・桑原 宏・深田陽久 …… 61
    樹脂製軟質採苗器を用いたイワガキ Crassostrea nippona シングルシードの人工種苗生産試験
     佐々木 正・近藤徹郎・常盤 茂・小中大輔・鈴木和弘・大脇安則・木村克彦 …… 71

    短報
    天竜川水系中田切川におけるイワナの増殖に対する養殖稚魚の放流効果
     中村智幸 …… 85

    会告……89
  • 第65巻4号

    原著論文

    沖縄諸島,先島諸島および南大東島で採集された紅藻ツクシアマノリおよびマルバアマノリの形態およびDNA分析…玉城泉也・藤吉栄次・藤田雄二・小林正裕・菊地則雄・須藤裕介・山田真之・城間一仁・長嶺 巌・大城信弘・当真 武・萩原篤志 …293

    マハゼ雌の生殖腺発達に伴う血中ビテロジェニンおよびエストラジオール17βの変化(英文)…宋 婧・長江真樹・征矢野清…303

    神通川の神三ダム直下における淵で越夏したサクラマスの遊泳水深…田子泰彦・飯田直樹・山崎憲人・東 秀一・井上  創・新田 朗…311

    紅藻カイガラアマノリおよびスサビノリ葉状体の生長に及ぼす塩分の影響…中山冬麻・阿部真比古・村瀬 昇・鹿野陽介…321

    ヒジキ幼胚の生長と生残に与える塩分および濁度変化の影響(英文)…Thi Cam Tu Phan・岡 春菜・A. M. Shahabuddin・吉松隆夫…331

    ティラピアのリゾチーム活性に与えるビタミンEの効果(英文)…Debasish Saha・A. M. Shahabuddin・三島 隆・吉松隆夫…339

    庄内川におけるイカリムシLernaea cyprinaceaの生活環における越冬宿主としてのゴクラクハゼRhinogobius similisの役割…好峯 侑・間野静雄・一色 正…347

    南太平洋フィジーのビティレブ島に来遊したウナギ属シラスの種同定と形態的差異(英文)…Chinthaka Anushka Hewavitharane・Timothy David Pickering・Ciro Rico・望岡典隆…357

    自発摂餌式給餌法によるナイルティラピアの成長(英文)…Fittrie Meyllianawaty Pratiwy・神原 淳・Yayat Dhahiyat・Sunardi …367

    茨城県北浦の堤脚水路における魚類群集構造の季節と場所による差異…猪狩健太・遠藤友樹・金子誠也・碓井星二・荒山和則・加納光樹…377

    篭垂下飼育したサルボウガイの母貝としての有効性および中海における人為的な産卵制御の可能性…開内 洋…387

    空気ポケットフェンスを用いた育成施設におけるマナマコ稚仔Apostichopus japonicusの成長,分散および生残(英文)…櫻井 泉・山田俊郎・麻畠梨沙・大野史耶…395

    筑後川水系川原川におけるアカザの年齢と成長…竹下直彦・阪田和弘・近藤卓哉・永田新悟・荒木 晶・星野和夫…409

    第65巻3号

    原著論文

    陸奥湾におけるアサリの貝殻切片を用いた年齢査定手法の検証(英文)…杉浦大介・菊谷尚久 …193

    “楊貴妃メダカ”におけるカロテノイドについて…塩出雄亮・中田和義…203

    Nannochloropsis oculata のバッチ培養における動物プランクトンの餌料として好適な培養状態を推定するための分光光度法の応用(英文)…松井英明・大川 諒・安樂和彦・小谷知也 …209

    出荷対象のマダイに対する低魚粉飼料の実用性…青木秀夫・松倉一樹・山下浩史・宮本敦史・清水砂帆子・金田典久・輿石友彦・佐藤秀一・石田典子 …221

    北海道南部におけるキタムラサキウニ(Mesocentrotus nudus)の生殖周期と主要卵黄タンパク質 mRNA 量の変化(英文)…浦 和寛・Heng Wang・堀 哲郎・相澤俊介・津江志緒莉・佐藤瑞葉・武井成美・星野航佑・樋口一郎・讃岐 駿・由比智春・西宮 攻・都木靖彰 …231

    無魚粉飼料への段階的なタウリン添加がブリ幼魚の成長と生理に及ぼす影響(英文)…松本泰明・La Xuan Thao・森岡克司・深田陽久・益本俊郎…239

    短報

    ホッケ卵の発生速度と水温の関係(英文)…中屋光裕・Savitri Marannu・稲垣祐太・梶原慧太郎・佐藤義崇・鈴木孝太・高津哲也…247

    キアンコウふ化仔魚の初期発育および無給餌生残時間と水温の関係(英文)…中屋光裕・竹谷裕平・鈴木亮・野呂恭成・高偉峰・高津哲也…251

    キンギョ養魚池の底泥中における優占細菌群集…杉田治男・坂元美智子・来間明子・土谷知弓…255

    市販濃縮キートセロスを用いた低水温期の大量培養における重要増殖要因…山田徹生・兼松正衛…259

    資料

    異なる基質・密度で垂下中間育成したリシケタイラギ稚貝の生残率と成長率…山本昌幸・伊藤 篤・山崎英樹・兼松正衛 …263

    総説

    日本におけるホタテガイ増養殖と研究の変遷…小坂善信 …271

    第65巻2号

    原著論文

    アカアマダイ人工種苗に発現する形態異常…豊村晃丞・水田 篤・松浦光宏・中西健二・有瀧真人 …117

    タイラギ稚貝 Atrina cf. japonica の生残に及ぼす低酸素の影響(英文)…長副 聡・德永貴久・松山幸彦…125

    広塩性ツボワムシ類に対する栄養強化時間が脂肪酸組成及びマダイ仔魚飼育成績に与える効果(英文)…小谷知也・原口拓己・山崎悠太・土井達也・松井英明・横山佐一郎・石川 学・越塩俊介 …133

    短報

    泡沫分離装置を用いた水槽内残留精子の効率的な除去…今井 正・吉浦康寿・高志利宣・森田哲男・今井 智・山本義久・岡 雅一…145

    ヒラメ Paralichthys olivaceus 稚魚における正常個体とアルビノの UV-B 耐性の比較(英文)…福西悠一・益田玲爾・青海忠久・中村光男・田川正朋・山下 洋…149

    培養法および非培養法で検出したティラピア Oreochromis mossambicus の優占腸内細菌(英文)…杉田治男・坂元美智子・提坂智子・土谷千弓…153

    ドローンを用いた空撮映像によるサケマス親魚遡上数の計数…虎尾 充…157

    資料

    宮城県における東日本大震災によるサケの放流数と回帰数の変動…白石一成 …161

    瀬戸内海中央部におけるキジハタ Epinephelus akaara の産卵期と肉眼的観察による性判別の信頼性…山本昌幸・小林靖尚 …165

    第65巻1号

    原著論文

    単一タンパク質原料からなるエクストルーデッドペレット飼料のマダイ Pagrus major における胃内消失と,含有タンパク質の消化管由来酵素による消化(英文)…東畑 顕・輿石友彦・佐藤秀一・石田典子 …1

    コイにおける飼料タンパク質,有機物,リン,カルシウム,および微量元素の消化吸収に及ぼす食塩の飼料添加効果 (英文)…中島麻衣・杉浦省三…11

    マダイ1才魚における無魚粉飼料への酵素混合物の添加効果(英文)…松倉一樹・飯野翔太・芳賀穣・北島レナト・佐藤秀一 …19

    カタクチイワシ Engraulis japonicus における卵母細胞の最終成熟に伴う形態学的,生化学的変化(英文)…Dipak Pandey・Yong-Woon Ryu・後藤理恵・松原孝博…29

    TILLING 法を用いたトラフグの効率的選抜のための水温調節による稚魚の成長制御…今井 正・片山貴士・香川要介・山本義久・吉浦康寿…41

    飼育水温がカジカ大卵型の摂餌と成長に及ぼす影響(英文)…竹下直彦・片山 暢・池田 至・青木邦匡・吉川廣幸…51

    外套膜の異なる部位から採取したピースを移植して得られたアコヤガイ真珠の特性…劉 瀟・佐藤 友・古丸 明・渥美貴史・淡路雅彦・山本貴志・樋口恵太・岩橋徳典・永井清仁…61

    胎生魚クロソイの実用的な人工授精技術の開発…川崎琢真・清水洋平・森 立成・平松尚志・東藤 孝…73

    短報

    ヤマトシジミの殻長別硫化水素耐性…管原庄吾・鈴木 舞・山室真澄・勢村 均・神谷 宏・千賀有希子・野田賢剛・江川美千子・清家 泰…83

    北海道のサケ稚魚にみられた脊椎骨数の地理的変異…安藤大成・渡辺智治・下田和孝…89

    クエ Epinephelus bruneus × タマカイ E. lanceolatus の種間交雑と交雑仔稚魚の成長…村田 修・板倉壮太・山本眞司・服部亘宏・倉田道雄・太田博巳・升間主計…93

    資料

    内水面漁協の組合員数の推移と将来予測…中村智幸 …97

    コウライアカシタビラメ種苗生産に適した飼育水温の検討…草加耕司・岩本俊樹 …107

  • 第65巻

  • 学会誌「水産増殖(Aquaculture Science)」について

    活動報告写真

    日本水産増殖学会では年4回,会誌
    「水産増殖 Aquaculture Science」 を発行しています。
    「水産増殖,Aquaculture Science」の英文略称は「Aquacult. Sci.」です。

    「水産増殖」は第1巻より直近の1年前までの報文を
     J-stageにて全文公開しております。ぜひご利用ください。
     バックナンバーへのアクセスは
    こちらをクリック!


    「水産増殖」の投稿規定と原稿の書き方

    本誌には、水産増殖上有益な原著論文、短報、資料、総説、紹介などを掲載します。普通会員および学生会員は原著論文、短報および資料を投稿できます。会員以外の共著者を含むことは差しつかえありませんが、筆頭著者あるいは連絡者は会員に限られます。
         投稿規定はこちらをご覧ください。
         原稿の書き方はこちらをご覧ください

            投稿用紙とその記入例もダウンロードできます。
              (投稿用紙Word版pdf版


    「水産増殖」の出版倫理

    日本水産増殖学会会誌「水産増殖」は倫理基準を堅持する。 高い水準の学術雑誌を読者に提供するために、「水産増殖」は以下の原則に従う。

    編集委員
    1) 「水産増殖」編集委員会は投稿された原稿の受理の決定に責任を持つ。
    2) 編集委員は著作権侵害および剽窃に関する必要な要件を満たさない投稿原稿に対しては評価を行わない。
    3) 編集委員は,二重投稿の疑いがある場合を除き、投稿原稿が出版されるまでは守秘義務を負う。
    4) 編集委員は担当する投稿原稿の著者と利益相反があってはならない。

    査読者
    1) 「水産増殖」査読者は投稿原稿の受理判定のために編集委員会に協力する。
    2) 査読者は査読のために受理した原稿に対する守秘義務があり、査読によって得られた情報を自身の利益のために使用してはならない。
    3) 査読者は投稿論文の著者、企業、組織と利害関係がある場合は査読をすべきではない。

    著者
    1) 著者はその論文の独自性に対する責任があり,データの捏造または改ざんを行ってはならない。
    2) 著者は資格外の人物を著者としてはならない。
    3) 他の研究成果を使用する場合、その出所は適切に引用し,剽窃行為をしてはならない。
    4) 著者は二重投稿をしてはならない。

    出版社
    出版社は,広告,別刷,またはその他の収益が,編集委員会の決定に影響を与えないことを保証する。

    「水産増殖」掲載論文目次

    J-stageに未収録の最近の論文のタイトルを掲載しています。
    2018年 第66巻 1号 2号 
    2017年 第65巻 1号 2号 3号 4号

  • 第66巻2号
  • 原著論文
    カットスロートトラウト(Oncorhynchus clarki)雌の肝臓におけるエストラジオール-17β応答性遺伝子の生殖周期に伴う発現解析 永田淳・莚平裕次・西宮攻・藤田敏明・平松尚志・原彰彦・東藤孝 …… 91
    駿河湾におけるサクラエビ雌の成熟サイズと産卵頻度
     土井 航・中廣篤人・鷲山裕史・鈴木伸洋 …… 103
    シオミズツボワムシの耐久卵形成に対するセレン強化クロレラの有効性(英文)
     韓程燕・金禧珍・李名友・萩原篤志 …… 111
    キヌイトアオノリの成熟誘導に及ぼす藻体の断片化および培養温度と塩分条件
     島田裕至・正清友香・嶌田 智 …… 117
    本州中部の温帯河川に定着したフクドジョウ Barbatula oreas の繁殖特性(英文)
     畠山類・北野忠 …… 123

    短報
    琵琶湖産アユの耳石径と体長との関係に及ぼす成長速度の影響
     酒井明久 …… 133
    山形県月光川において異なる時期に放流したサケ Oncorhynchus keta の回帰率比較
     飯田真也・伴 真俊・野口大悟・宮内康行・片山知史 …… 137
    富栄養湖のヨシ帯における餌料環境の季節変化に応じたチャネルキャットフィッシュの餌利用シフト
     平山拓弥・遠藤友樹・金子誠也・碓井星二・加納光樹 …… 141

    資料
    低水温期におけるクロマグロ人工種苗の体サイズと生残の関係
     樋口健太郎・吉川壮太・濱崎将臣・馬場和郎・櫻井啓介・乗田孝雄・宮城島省吾・山下 昌・高志利宣・玄 浩一郎・岡 雅一 …… 147

    会告 155
    会報 167
  • 第66巻1
  • 原著論文
    マングローブ・キリフィッシュKryptolebias marmoratus 仔魚の光走性と摂餌行動に対する光波長と放射照度の影響 石田直也・阪倉良孝 …… 1
    船上の産卵実験によるサクラエビの産卵率の推定と産卵個体の卵巣の組織学的特徴
     土井 航・中廣篤人・鷲山裕史・鈴木伸洋 …… 11
    有明海六角川におけるエツ仔稚魚の分布
     伊藤毅史・Charles P. H. Simanjuntak・木下 泉・藤田真二 …… 17
    ホンダワラ属海藻の飼料添加がナイルティラピアの成長に与える効果(英文)
     Fittrie Meyllianawaty Pratiwy・神原 淳・A. B. Susanto …… 25
    飼育密度の増加に伴うヒラメ稚魚の体色暗化(英文)
     井口雅陽・佐藤 浩・余語 滋 …… 33
    福島県内の阿武隈川水系における外来魚チャネルキャットフィッシュの分布,サイズ組成,および成熟状況
     鷹﨑和義・和田敏裕・森下大悟・佐藤利幸・佐久間 徹・鈴木俊二・川田 暁 …… 41
    アオリイカ「アカイカ」(Sepioteuthis sp. 1)の視精度から推定したイカシバ産卵礁の水中視程
     奥村順哉・加藤亜花梨・柳田大地・中村 亨・石川 輝・倉島 彰・宮崎多恵子 …… 53
    飼料脂肪酸組成がブリ筋肉中ドコサヘキサエン酸量に及ぼす効果
     品川純兵・金丸素久・桑原 宏・深田陽久 …… 61
    樹脂製軟質採苗器を用いたイワガキ Crassostrea nippona シングルシードの人工種苗生産試験
     佐々木 正・近藤徹郎・常盤 茂・小中大輔・鈴木和弘・大脇安則・木村克彦 …… 71

    短報
    天竜川水系中田切川におけるイワナの増殖に対する養殖稚魚の放流効果
     中村智幸 …… 85

    会告……89
  • 第65巻4号

    原著論文

    沖縄諸島,先島諸島および南大東島で採集された紅藻ツクシアマノリおよびマルバアマノリの形態およびDNA分析…玉城泉也・藤吉栄次・藤田雄二・小林正裕・菊地則雄・須藤裕介・山田真之・城間一仁・長嶺 巌・大城信弘・当真 武・萩原篤志 …293

    マハゼ雌の生殖腺発達に伴う血中ビテロジェニンおよびエストラジオール17βの変化(英文)…宋 婧・長江真樹・征矢野清…303

    神通川の神三ダム直下における淵で越夏したサクラマスの遊泳水深…田子泰彦・飯田直樹・山崎憲人・東 秀一・井上  創・新田 朗…311

    紅藻カイガラアマノリおよびスサビノリ葉状体の生長に及ぼす塩分の影響…中山冬麻・阿部真比古・村瀬 昇・鹿野陽介…321

    ヒジキ幼胚の生長と生残に与える塩分および濁度変化の影響(英文)…Thi Cam Tu Phan・岡 春菜・A. M. Shahabuddin・吉松隆夫…331

    ティラピアのリゾチーム活性に与えるビタミンEの効果(英文)…Debasish Saha・A. M. Shahabuddin・三島 隆・吉松隆夫…339

    庄内川におけるイカリムシLernaea cyprinaceaの生活環における越冬宿主としてのゴクラクハゼRhinogobius similisの役割…好峯 侑・間野静雄・一色 正…347

    南太平洋フィジーのビティレブ島に来遊したウナギ属シラスの種同定と形態的差異(英文)…Chinthaka Anushka Hewavitharane・Timothy David Pickering・Ciro Rico・望岡典隆…357

    自発摂餌式給餌法によるナイルティラピアの成長(英文)…Fittrie Meyllianawaty Pratiwy・神原 淳・Yayat Dhahiyat・Sunardi …367

    茨城県北浦の堤脚水路における魚類群集構造の季節と場所による差異…猪狩健太・遠藤友樹・金子誠也・碓井星二・荒山和則・加納光樹…377

    篭垂下飼育したサルボウガイの母貝としての有効性および中海における人為的な産卵制御の可能性…開内 洋…387

    空気ポケットフェンスを用いた育成施設におけるマナマコ稚仔Apostichopus japonicusの成長,分散および生残(英文)…櫻井 泉・山田俊郎・麻畠梨沙・大野史耶…395

    筑後川水系川原川におけるアカザの年齢と成長…竹下直彦・阪田和弘・近藤卓哉・永田新悟・荒木 晶・星野和夫…409

    第65巻3号

    原著論文

    陸奥湾におけるアサリの貝殻切片を用いた年齢査定手法の検証(英文)…杉浦大介・菊谷尚久 …193

    “楊貴妃メダカ”におけるカロテノイドについて…塩出雄亮・中田和義…203

    Nannochloropsis oculata のバッチ培養における動物プランクトンの餌料として好適な培養状態を推定するための分光光度法の応用(英文)…松井英明・大川 諒・安樂和彦・小谷知也 …209

    出荷対象のマダイに対する低魚粉飼料の実用性…青木秀夫・松倉一樹・山下浩史・宮本敦史・清水砂帆子・金田典久・輿石友彦・佐藤秀一・石田典子 …221

    北海道南部におけるキタムラサキウニ(Mesocentrotus nudus)の生殖周期と主要卵黄タンパク質 mRNA 量の変化(英文)…浦 和寛・Heng Wang・堀 哲郎・相澤俊介・津江志緒莉・佐藤瑞葉・武井成美・星野航佑・樋口一郎・讃岐 駿・由比智春・西宮 攻・都木靖彰 …231

    無魚粉飼料への段階的なタウリン添加がブリ幼魚の成長と生理に及ぼす影響(英文)…松本泰明・La Xuan Thao・森岡克司・深田陽久・益本俊郎…239

    短報

    ホッケ卵の発生速度と水温の関係(英文)…中屋光裕・Savitri Marannu・稲垣祐太・梶原慧太郎・佐藤義崇・鈴木孝太・高津哲也…247

    キアンコウふ化仔魚の初期発育および無給餌生残時間と水温の関係(英文)…中屋光裕・竹谷裕平・鈴木亮・野呂恭成・高偉峰・高津哲也…251

    キンギョ養魚池の底泥中における優占細菌群集…杉田治男・坂元美智子・来間明子・土谷知弓…255

    市販濃縮キートセロスを用いた低水温期の大量培養における重要増殖要因…山田徹生・兼松正衛…259

    資料

    異なる基質・密度で垂下中間育成したリシケタイラギ稚貝の生残率と成長率…山本昌幸・伊藤 篤・山崎英樹・兼松正衛 …263

    総説

    日本におけるホタテガイ増養殖と研究の変遷…小坂善信 …271

    第65巻2号

    原著論文

    アカアマダイ人工種苗に発現する形態異常…豊村晃丞・水田 篤・松浦光宏・中西健二・有瀧真人 …117

    タイラギ稚貝 Atrina cf. japonica の生残に及ぼす低酸素の影響(英文)…長副 聡・德永貴久・松山幸彦…125

    広塩性ツボワムシ類に対する栄養強化時間が脂肪酸組成及びマダイ仔魚飼育成績に与える効果(英文)…小谷知也・原口拓己・山崎悠太・土井達也・松井英明・横山佐一郎・石川 学・越塩俊介 …133

    短報

    泡沫分離装置を用いた水槽内残留精子の効率的な除去…今井 正・吉浦康寿・高志利宣・森田哲男・今井 智・山本義久・岡 雅一…145

    ヒラメ Paralichthys olivaceus 稚魚における正常個体とアルビノの UV-B 耐性の比較(英文)…福西悠一・益田玲爾・青海忠久・中村光男・田川正朋・山下 洋…149

    培養法および非培養法で検出したティラピア Oreochromis mossambicus の優占腸内細菌(英文)…杉田治男・坂元美智子・提坂智子・土谷千弓…153

    ドローンを用いた空撮映像によるサケマス親魚遡上数の計数…虎尾 充…157

    資料

    宮城県における東日本大震災によるサケの放流数と回帰数の変動…白石一成 …161

    瀬戸内海中央部におけるキジハタ Epinephelus akaara の産卵期と肉眼的観察による性判別の信頼性…山本昌幸・小林靖尚 …165

    第65巻1号

    原著論文

    単一タンパク質原料からなるエクストルーデッドペレット飼料のマダイ Pagrus major における胃内消失と,含有タンパク質の消化管由来酵素による消化(英文)…東畑 顕・輿石友彦・佐藤秀一・石田典子 …1

    コイにおける飼料タンパク質,有機物,リン,カルシウム,および微量元素の消化吸収に及ぼす食塩の飼料添加効果 (英文)…中島麻衣・杉浦省三…11

    マダイ1才魚における無魚粉飼料への酵素混合物の添加効果(英文)…松倉一樹・飯野翔太・芳賀穣・北島レナト・佐藤秀一 …19

    カタクチイワシ Engraulis japonicus における卵母細胞の最終成熟に伴う形態学的,生化学的変化(英文)…Dipak Pandey・Yong-Woon Ryu・後藤理恵・松原孝博…29

    TILLING 法を用いたトラフグの効率的選抜のための水温調節による稚魚の成長制御…今井 正・片山貴士・香川要介・山本義久・吉浦康寿…41

    飼育水温がカジカ大卵型の摂餌と成長に及ぼす影響(英文)…竹下直彦・片山 暢・池田 至・青木邦匡・吉川廣幸…51

    外套膜の異なる部位から採取したピースを移植して得られたアコヤガイ真珠の特性…劉 瀟・佐藤 友・古丸 明・渥美貴史・淡路雅彦・山本貴志・樋口恵太・岩橋徳典・永井清仁…61

    胎生魚クロソイの実用的な人工授精技術の開発…川崎琢真・清水洋平・森 立成・平松尚志・東藤 孝…73

    短報

    ヤマトシジミの殻長別硫化水素耐性…管原庄吾・鈴木 舞・山室真澄・勢村 均・神谷 宏・千賀有希子・野田賢剛・江川美千子・清家 泰…83

    北海道のサケ稚魚にみられた脊椎骨数の地理的変異…安藤大成・渡辺智治・下田和孝…89

    クエ Epinephelus bruneus × タマカイ E. lanceolatus の種間交雑と交雑仔稚魚の成長…村田 修・板倉壮太・山本眞司・服部亘宏・倉田道雄・太田博巳・升間主計…93

    資料

    内水面漁協の組合員数の推移と将来予測…中村智幸 …97

    コウライアカシタビラメ種苗生産に適した飼育水温の検討…草加耕司・岩本俊樹 …107

  • 第65巻

このページの先頭へ

contents

トップページ 学会について大会・イベント等学会誌「水産増殖」お問い合わせ

日本水産増殖学会
Japanese Society for Aquaculture Science (JSAS)

【事務局】
〒980-8572
仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院農学研究科内
(E-416号室)
日本水産増殖学会事務局
Tel: 022-757-4462
Fax: 022-757-4462
<総務>
zoushoku-soumu@grp.tohoku.ac.jp 
<編集委>
zoushoku-hensyu@grp.tohoku.ac.jp

[Office]
c/o Graduate School of Agricultural Science
Tohoku University
468-1 Aramaki Aza Aoba, Aoba-ku, Sendai,
Miyagi, 980-8572, Japan

General Administration Office
zoushoku-soumu@grp.tohoku.ac.jp

Editorial Committee
zoushoku-hensyu@grp.tohoku.ac.jp

Tel&Fax: +81-22-757-4462